姫路の発明好きが集まる 姫路発明研究会です

姫路少年少女発明クラブのご案内

姫路少年少女発明クラブのご案内

※2017年度会員募集は終了致しました。


■姫路少年少女発明クラブって何?
 
姫路少年少女発明クラブは平成14(2002)年に発足しました。主に電気機械工作のものづくりを通して、
 ①自分で考えたものを創ることの喜びを感じる
 ②自分で最後までやり遂げる責任感を培う ことを目的とするクラブです。

主にプリント基板に電子部品(トランジスタやLED、抵抗など)をハンダ付けし、様々な電子工作をします。
一通り基本を学んだら、参考書をもとに自分で作りたいものを作成していきます。

■対象・募集人数:小学校4~6年生 各学年5~10人 合計24名

■費用:年会費3,000円  第1回目 5月20日(土)に集金します。
※傷害保険料、配布工具などで初期に使い切りますので途中退会しても納入された会費は返却しません。
材料費などその他費用は(公社)発明協会、(社)兵庫発明協会などの補助金でまかなわれています。

■活動会場:姫路科学館 4階工作室 (変更の場合連絡します)
※原則全日出席ですが、やむをえない場合は、事前にご連絡ください。

■応募方法:往復はがきに記入例のように書いて、4月20日必着でお申し込みください。
参加したい理由を自分で書いて下さい。(応募多数の場合、選考時の参考にします)
選考結果は、5月初旬に返信します。

問い合わせ 〒671-2222 姫路市青山1470-15
TEL 079-267-3962 (長政・小林)
記入例

□主催/公益社団法人発明協会 一般社団法人兵庫県発明協会
□後援/はりま科学工作クラブ・姫路市教育委員会


■2017年度の活動予定日及び概要:13:00~16:00(準備、後片付けも含む)

月 日内容・備考2年目生・3年目生
4月1~20日募集発明協会主催のチャレンジコンテストに参加する
1.5月20日(土)開講式 オリエンテーション、回路と電気部品、テスターの使い方など
①LED点滅回路と影絵箱の作成、ハンダ付けの仕方を学ぶ
2.6月10日(土)家庭でもできる子どもは進め、できた子はどんどん進みます
3.7月8日(土)②ギアBOXを組み立て有線リモコンカーをつくる
4.8月5日(土)夏休みの宿題配布
5.9月9日(土)夏休みの宿題チェック
③リモコンカーをライントレーサーに改造する
6.10月28日(土)④三色LEDを音で動かす装置をつくる●前年度できなかったところから始める
●配布の参考書「センサーの基本」から作りたいもの探して制作する。
7.11月18日(土)⑤タイマースイッチをつくる
8.12月9日(日)冬休みの宿題配布
9.1月20日(土)冬休みの宿題チェック
10.2月17日(土)化学でつくろう など電気機械以外のものづくりをする
11.3月3日(土)予備日:活動がおくれている場合のみ実施
12.3月10日(土)市内小学校パソコン教室 一年間のまとめとして自分のページを作り、発表をする。
閉講式



 「姫路少年少女発明クラブ」は、公益社団法人発明協会、一般社団法人兵庫県発明協会の主催事業で、2002年(平成14年)7月、全国で150番目、兵庫県で4番目のクラブとして発足しました。
 現在、下記の人達によって運営しています。

  • 会長(企画運営委員長) 中村 隆弘 会社役員、はりま科学工作クラブ代表
  • 副会長(企画運営副委員長) 松岡 準人 姫路科学館館長
  • 副会長(企画連営剛委員長・指導員) 井上 卓 会社員、はりま科学工作クラブ員
  • 企画連営委員・(会計担当・指導員) 能勢裕一郎 会社員、はりま科学工作クラブ員
  • 企画運営委員・指導員 西村 慎二 会社員、はりま科学工作クラブ員
  • 企画運営委員・指導員       姫路科学館職員

□後援・協力団体  姫路市教育委員会、姫略科学館、はりま科学工作クラブ

注:「はりま科学工作クラブ」は主に姫路市の民間企業エンジニアが個人で参加構成しているボランティア団体です。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional