姫路の発明好きが集まる 姫路発明研究会です

前回例会報告

前回例会報告

第589回  姫路日曜発明学校 報告

 日付/平成29年 9月17日(日)13:00~  
 場所/姫路科学館 4F講義室


【プログラム】

◎13:00~14:50 アイデア・試作・発明品:発表、相談など
 新入会員 なし
 正会員移行 高見正利氏

1.孫の手と薬をぬる道具森本純司
2.舵付電動丸鋸大嶋繁
3.ふくらはぎをもみなさい野一色泰博


◎15:00~16:10 講演Ⅵ 『季節毎の景色の素晴らしさ』→『自然の素晴らしさ』
講師:姫路科学館指導主事 長政浩之氏

少しでも“発明”の参考になれば・・・と、予定されていた内容を当会向けに修正されたとのことです。
デジカメと一眼レフカメラによる朝陽・夕陽の写真の違いから一眼レフカメラを購入し
四季折々の写真(桜、雲海、紅葉等々)を撮るようになった。

「桜はどうして一度に開花し、一斉に散る?」「どうして葉は紅葉する?」等の疑問が湧き、
色々調べて『ネイチャーテクノロジー』と言う言葉に出会った。
自然界からは多くを学ぶことができ、新商品考案の種が見つかることも・・・。等のお話を頂きました。

自然は、見ようとしなければ、その美しさには気付けない。
『人間は、自然の一部である』 とのことばをいただきました。



画像の説明画像の説明
画像の説明画像の説明
画像の説明画像の説明
画像の説明画像の説明
画像の説明画像の説明
画像の説明画像の説明
画像の説明


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional